「居る」の正しく敬語表現と使い方とは?尊敬語と謙譲語を使い分けよう!

社会人になって、敬語のマナーに躓いてしまう人が多いかと思います。
ビジネスマナーとして、必須項目であり、新人研修でも取り入れるところがほとんどです。

言葉遣いを間違ってしまうと、思ったことがスムーズに伝わらなかったり
恥をかいてしまうことがあります。

スポンサーリンク

また、社会人としてですと会社の顔ですから、どのような会社なのかと疑われてしまったり
仕事が円滑に回らなくなってしまうこともあるでしょう。

そうならないために、意識して正しいマナーを身に付けておくことが日ごろから大切になってきますね。
今回はそんな敬語の中でも間違いやすい「居る」について、使い方も踏まえて詳しく紹介していきたいかと思います。

「居る」を敬語で正しく使うには?

「居る」という言葉を正しい表現で相手に伝えるには
まず、敬語の種類を詳しく知っておくことが必要です。

種類としては3種類存在しています。
最初に多くの方が日ごろから使っているのは「丁寧語」です。

スポンサーリンク

この場合語尾に「ます」や「です」を付けることでどなたが聞いても丁寧に感じる丁寧語になります。
次に、目上の方などを立てる場合に使う言葉なのですが尊敬語という言葉があります。

尊敬語は「居る」の場合「いらっしゃる」と置き換えれば正しいでしょう。
最後に、自分をへりくだてて相手を立てる謙譲語です。

「居る」をこの場合「おる」というように置き換えるといいでしょう。

「居る」の敬語の正しい使い方とは?

では、ここまでで敬語の種類を押さえたところで、「居る」正しい使い方について紹介していきたいかと思います。

丁寧語の場合
・今外回りでA社に居ます。

というように語尾に「ます」を付けて正しい使い方になります。簡単です。

次に丁寧語ですが。
・社長は今挨拶回りでA社にいらっしゃいます。

「いらっしゃる」と置き換えれば目上の方に対しても失礼がありませんね。

最後に謙譲語ですが
・今外回りでA社におります。
目上の方にA社にいることを伝えたいときにこう表現すれば正しい使い方です。

いかがでしたでしょうか?

敬語にもさまざまな種類がある事がわかりました。

これらを場面場面でしっかりと正しい使い方で表現しなくてはならないため
今自分が置かれている環境を見極めなくてはなりません。

正しい使い方がスムーズにできれば、コミュニケーション能力も一気に上がっていくことでしょう。
覚えて身に付けておきたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ