「手配」の敬語と丁寧語は?正しい言葉の選択方法

正しい敬語を身につけて
マナーある人材になりたいと思う方は多いはずです。

社会に出て働き出せば
その身につけたマナーや敬語をシッカリと
生かして行けることは間違いありません。

スポンサードリンク

しかし、敬語を正しく身につけていないと
恥をかいてしまったり、仕事がうまくいかなかったり
全て自分に帰ってきてしまいます。

そうなってしまってからは遅いですし
誤解を招かない敬語で正しくやりとりをしなくてはなりません。

今回は、その中でも「手配」という言葉の
敬語について詳しく調べて紹介していきたいかと思います。

「手配」を敬語で言うと?丁寧語について

「手配」という言葉はそもそも敬語で使うことができます。
その場合、前に「お」か、「ご」をつけて丁寧語に直して
使わなくてはなりません。

しかし、よく考えて見てください。
「お手配」
「ご手配」
どちらが正しい敬語なのでしょうか。
一見どちらの言葉も存在しそうですよね。

なぜそんな違和感が生まれてしまうのでしょうか。
それには「手配」という言葉の読みに関係があります。

読み方が訓読みの言葉の場合に「お」を頭に持ってきて
丁寧語が完成することが多いです。

スポンサードリンク

お茶、お行儀、お洋服、など。
また、漢読みの場合には「ご」をつけます。
ご用意、ご用心、ご安心などです。

しかし、例外で「お」や「ご」をつけて
表現する言葉もあります。
お返事、ご返事
お勉強、ご勉強などです。

今回「手配」にどちらを付ければいいか
迷ってしまうその理由に
訓読みと漢読みの二つからなる言葉であることが
原因だと考えられます。

その場合、「お手配」も「ご手配」も
どちらでも使えると言われている説が有力です。

「手配」の敬語を会話に取り入れよう

では、この「手配」の敬語はどのように使えばいいでしょうか。
例文を出しながら説明していきたいかと思います。

まず「お手配」になると美化語と言われていて
物事を強く美化してしまうイメージが強いです。

そのため、子どもに対して使う丁寧な敬語になるようです。
ビジネスにはあまり向かないかもしれませんね。

それを考えると
「ご手配」というまとめ方ならば
対象者を敬ういい方となります。

そのため、ビジネスマナーとして押さえておきたい敬語は
「ご手配」という敬語になりますね。

「ご手配頂く」よりも「ご手配くださる」と表現する方が
敬意が高く受け取り側も気持ちが良いかもしれません。

このことを踏まえて「手配」の敬語を使い分けて
マナーある社会人になりたいですね。

スポンサードリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ